初投

もう10年以上は前のお話になりますが、当時小学生だった私はある人気漫画のファンが交流するサイトの常連客でした。毎日のようにそのサイトが用意している掲示板へ漫画の感想や考察を書き込み、チャットへ入り浸り、色んな人たちとやり取りをしていました。顔も性別も年齢も分からない相手だったけれど、漫画が好きだという一点だけですぐに仲良くなることができ、楽しく過ごしていました。自分にとって家と学校に続く第三の居場所だったのです。

個人が運営するホームページには不思議な魅力があります。自分で作れば独自の秘密基地を構えるような感覚になりますし、他の人が作ったものであれば探検する楽しさが生まれます。最近はツイッター系のSNS(あまり良くわかっていない)が増え、フォローすることでその人の発信を効率よく確認できるけれど、秘密基地そのものは持たなくなってしまった気がします。何というか、みんな一つの大きなマンションに住んでいて、外から見たら同じ窓が並んでいるだけなのです。そりゃ部屋は多少なりとも違うでしょうけど、前提として同じ間取りがずらっと並んでいるから何だかなあという感じです。

歳を取るにつれ、その漫画の交流サイトからも自然と離れるようになりました。このブログを始めるにあたって、ネタの一つにでもなるかと考え検索してみたところ、案の定廃墟となっていました。ただ驚いたのはそのサイトの管理人は今でも当時と全く同じ名前でツイッターにて呟いているという事実。現代の流行に上手く乗り移ることができているようです。羨ましい。その点私はあまり適性がなかったようで、SNSには今一つ関心が沸かない。一方で毒にも薬にもならない文章を書き連ねたいという欲があり、それは私があの掲示板で書き込んでいた経験が、楽しかった思い出として根底にあるんだろうなと思うところです。

ところで昔は普通の日記を書くブログもやっていたことがあり、最長で1年程度続きました。全く威張れる長さではないんですが、10代の私でそれくらい続いたんだから20代の私はその倍は行くだろーと高を括っています。倍生きたら話題も倍あるでしょ? そんな感じです。よろしくお願いします。

広告